トップページ
ごあいさつ
プロフィール
私の約束
私の主張
みやこのつぶやき
街のこえ
明るい国立
ご意見
ご相談
赤旗等申込
国立市議団
     
だから私は日本共産党
  
〜決して国民を裏切らない〜

私の叔父は、特攻隊としてあの戦争の時代に若い命を散らせました。
 教育が軍国主義に奉仕する人間育成になっていたことを知り、平和を愛し、真実を見抜く目をもった子どもたちを育てたいと教師への道を選ぴました。

 また、日本共産党が戦前から命がけで戦争反対を貫いてきた事実を知り、二十歳で日本共産党と歩む決意をしました。

 昨年民主党政権に代わって、新しい政治が始まることを多くの国民のみなさんが期待していました。
 ところが、後期高齢者医療制度は4年後に先送り、普天間基地の移転は迷走しています。
 日本共産党は、政党助成金や企業献金を一切もらっていません。だから、大企業にもアメリカにもはっきり堂々とものが言えます。
常に、国民のくらしと平和を守るという立場で今の問題に切り込み、アメリカへの思いやり予算をはじめとする軍事費や大企業優遇をやめて、税金を国民のいのちとくらしを守るために使う提案をしています。

 日本共産党を国政でも大きく伸ばして、暮らしと平和を守る国へと政治を前へ前進させましょう。

                       尾張みやこ

市政への決意 
上の写真は初めての街頭演説−桜吹雪の国立駅前で
 ドキドキして頭が白くなりながらのスピーチでしたが、小池さんから「初めてとは思えないよ。堂々としていたよ。」と言葉をかけられました。
 聴衆のみなさまと小池さんの温かいお人柄に救われた初舞台でした。

左の写真は、小池あきらさん、田村智子さんと
私の愛猫ピッチです